一般歯科

一般歯科 GENERAL

当院の一般歯科

患者さまに負担の少ない診療を
心掛けています

歯科治療は痛くて怖いというイメージから歯医者に行くのに抵抗を感じ、歯科治療を疎かにしていませんか?
当院では患者さまの不安や負担を少しでも軽減できるように、むし歯治療の際に表面麻酔を使用するなどして、痛みの少ない治療を提供できるように心がけています。また、患者さまの治療前の歯の状態と症状の進行度合いを確認し、治療計画を立て、なるべく短い期間での治療を提供しております。

このような場合はご相談ください CONSULTATION

  • 歯が痛い
  • 噛むと痛い
  • 歯がしみる
  • 歯が欠けた
  • むし歯かどうか診て欲しい
  • 詰め物や被せ物がとれた
  • 歯ぐきを押すと違和感がある

にしむら歯科医院の
むし歯治療のポイント

できるだけ痛くない治療

治療中に痛みのことを考えていると身体が緊張してしまい、より痛みが強くなります。当院では、治療中の痛みを最小限に抑えるため取り組みとして、歯科医師の麻酔のスキルを日々磨いております。また、治療の際は、細い麻酔針、表面麻酔、電動麻酔を使用して、麻酔時の痛み、治療中の痛みを緩和してストレスの少ない治療を提供しております。麻酔前の表面麻酔や電動麻酔器の使用などハード面の工夫から、ソフト面の工夫まで様々なことに取り組んでおりますので、痛みに対して不安がある方でも、安心して治療を受けることができます。

痛みに配慮した麻酔方法

表面麻酔

細い麻酔針

電動麻酔

可能な限り削らない治療

削ってしまったご自身の歯は、もう二度と元の状態に戻ることはありません。歯を削ることは歯の寿命を縮めてしまうことに繋がり、何度も治療を繰り返すと、削る歯の部分もなくなってしまい、最終的には人工歯や入れ歯をしないといけなくなります。そのため、当院では、できるだけ患者さまの天然歯を削らない様に、治療中に拡大鏡を使用し、患部を拡大しながら処置する精密治療を提供します。

当院ではMI治療
(Minimal Intervention)を
実施しております

当院では、できるだけ歯を残す治療(MI治療)を行っています。
MI治療とは「ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)」の略で、
なるべく削らない・抜かない治療のことを指します。

5倍速コントラ

むし歯を削る際は、一般のコントラよりも5倍の速度で削ることができる5倍速コントラを使用しています。削る速度が速いことでブレが最小限になり、削る量を最小限に抑えることができます。

カリエスチェッカー

カリエスチェッカーというう蝕(むし歯)検査を行い、患部を正確に把握することで、その結果に基づいた精密な治療を行っています。

メタルフリー治療

当院では、むし歯治療後の補綴物(詰め物・被せ物)に金属を使わないメタルフリー治療をおすすめしています。メタルフリー治療は銀歯を使用しないで審美性が高く金属ではないセラミック素材などを使用した治療のため、金属アレルギー症状の改善や予防ができます。さらに、セラミック素材の使用により審美性を向上させ、周囲の歯と変わらない自然な見た目を手に入れることができます。過去に治療した歯でも適応が可能なので、詰め物・被せ物を銀歯からセラミック素材に変えたい方や金属アレルギーの方におすすめです。

根管治療について

むし歯が進行し歯の神経まで
達した時の治療

神経まで到達したむし歯は強い痛みを感じやすくなり、放置しておくと症状が悪化してしまうため、できるだけ早く治療をする必要があります。このような場合は、神経を除去する治療が必要となり、神経を除去する治療のことを根管治療(歯髄処置)といいます。

にしむら歯科医院の
根管治療のポイント

拡大鏡を使用した根管治療

根管治療は、とても細かい部分の治療になります。
歯の根の形は一人ひとり違い複雑な形状をしていますので、神経を取り除き、根管を綺麗にするには高い技術が求められます。
当院では、拡大鏡を使用して、肉眼では見えない細菌の除去や根管の清掃などを行い、より精密な治療を提供できるようにしております。

歯に優しい柔軟性の高い
ニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル)

根管治療では、むし歯に神経を除去するために「ファイル」と呼ばれる器具を使用します。このファイルは大きく分けて二種類あり、ひとつが「ステンレスファイル」、もう一つが「ニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル)」というものです。当院では、このニッケルチタンファイルを導入しております。
ニッケルチタンファイルは柔軟性が高いため湾曲が激しい根尖部位に対しても、精度の高い根管清掃・根管形成が可能です。

根管治療を中断してしまっている
患者さまへ

「痛みがなくなったから」といって、治療を中断していませんか?根管はとても細かいうえに複雑な構造になっており、患者さまの口腔状態によって治療の回数も異なりますので、正確な治療回数をお伝えするのが難しい治療です。そのため、通院回数が増えると途中で治療をやめてしまう方もいらっしゃるのが現状です。神経をとって痛みがなくなったため、そのまま治療を中断している方もいるかと思います。
根管治療を中断してしまうと、洗浄した根管内に細菌が侵入して再汚染され、むし歯がさらに奥まで進行し、抜かずに済むはずだった歯を治療再開時にやむなく抜歯という事も少なくありませんので、早めに治療を再開しましょう。