ブログ BLOG

根管治療について

むし歯が進行し歯の神経まで
達した時の治療

神経まで到達したむし歯は強い痛みを感じやすくなり、放置しておくと症状が悪化してしまうため、できるだけ早く治療をする必要があります。このような場合は、神経を除去する治療が必要となり、神経を除去する治療のことを根管治療(歯髄処置)といいます。

にしむら歯科医院の
根管治療のポイント

拡大鏡を使用した根管治療

根管治療は、とても細かい部分の治療になります。
歯の根の形は一人ひとり違い複雑な形状をしていますので、神経を取り除き、根管を綺麗にするには高い技術が求められます。
当院では、拡大鏡を使用して、肉眼では見えない細菌の除去や根管の清掃などを行い、より精密な治療を提供できるようにしております。

歯に優しい柔軟性の高い
ニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル)

根管治療では、むし歯に神経を除去するために「ファイル」と呼ばれる器具を使用します。このファイルは大きく分けて二種類あり、ひとつが「ステンレスファイル」、もう一つが「ニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル)」というものです。当院では、このニッケルチタンファイルを導入しております。
ニッケルチタンファイルは柔軟性が高いため湾曲が激しい根尖部位に対しても、精度の高い根管清掃・根管形成が可能です。

根管治療を中断してしまっている
患者さまへ

「痛みがなくなったから」といって、治療を中断していませんか?根管はとても細かいうえに複雑な構造になっており、患者さまの口腔状態によって治療の回数も異なりますので、正確な治療回数をお伝えするのが難しい治療です。そのため、通院回数が増えると途中で治療をやめてしまう方もいらっしゃるのが現状です。神経をとって痛みがなくなったため、そのまま治療を中断している方もいるかと思います。
根管治療を中断してしまうと、洗浄した根管内に細菌が侵入して再汚染され、むし歯がさらに奥まで進行し、抜かずに済むはずだった歯を治療再開時にやむなく抜歯という事も少なくありませんので、早めに治療を再開しましょう。